浜本工芸

現在のページは
ホームの下層の
家具づくりへのこだわりの下層の
デザインへのこだわりです。

家具づくりのこだわり

デザインへのこだわり

これが、“浜本らしさ”

浜本工芸の家具は、何年経っても買い足しできる、コーディネートしやすいのが特徴です。
ナラ・オークならではの美しい木目、曲線と曲線との組み合わせ方、曲線を美しく見せるための手間のかかる面取り加工、長年愛用できるようしなやかで丈夫な皮革や布・・・と、家具を成す素材全てを厳選し、手間を惜しまずそれらの特色を生かすことにこだわっています。
それは、創業時から変わらぬ信念として、脈々と受け継がれてきました。
こうしたこだわりを守り続けているからこそ、デザインや素材・構造の異なる新商品を出しても「浜本らしい」と感じていただけるのだと思います。

何よりも、強度、耐久性を

浜本工芸の家具は、調度品ではありません。日常的に使用してもらう道具です。
当社のデザイン担当は、何よりも使う人の気持ちに立って、安全面に重点を置き商品を開発しています。
当社のベストセラー商品も、よりへたりにくいウレタンに替えたり、緩まないネジに替えたりと、外観からはわかりにくい部分ですが、マイナーチェンジを繰り返しています。
それは何よりも強度や耐久性への強いこだわりがあるからです。

納得いくまで繰り返す

デザイナーは、美しく、洗練されたデザインを考えればいいわけではありません。
浜本工芸の新商品が出来上がる工程は、まず、市場ニーズを把握して、デザインの検討に入ります。数十点のデザインから選ばれるのは2点程度。
選ばれたデザインは、図面をおこして試作します。
試作したときに念入りに確認するのが、強度と耐久性です。
いくらデザインが良くても、安全面で少しでも気になる個所があれば変更します。
こうした試作・検証を納得いくまで繰り返すことで、強度・耐久性を備えた、浜本らしいデザインが生み出されています。