浜本工芸

現在のページは
ホームの下層の
家具づくりのこだわりの下層の
素材へのこだわりの下層の
ライトウェーブです。

家具づくりのこだわり

ライトウェーブ

全体の90%以上が空気層という新発想のクッション材です。
ポリエチレンでできた細い樹脂が集合した立体網状構造のため、樹脂一つひとつが強い反発力を持ち、体圧を分散して最良の姿勢を保ちます。
へたりにくく、高い復元力があり、長時間の使用にも耐えうる材質です。
浜本工芸では、これまでベッドマットレスとして多くの支持を得ていたこのクッション材の優れた体圧分散性と高い耐久力に着目し、業界で初めて椅子用クッション材として採用。
ライトウェーブと高反発ウレタンを積層させることで、さらに快適なクッション性を生み出しました。

ライトウェーブの特徴

ポリエチレン素材100%の立体網状構造

ポリエチレンは、ポリエステルと比べ、反発力などの性能に優れています。
開発から10年以上、ベッドマットレスとして多くの支持を得ている理由は、立体網状構造を良質なポリエチレン素材のみで作った点にあります。

優れた体圧分散性

ライトウェーブは、ポリエチレンでつくった無数の細い樹脂が集合し、立体網状構造になっています。
樹脂の一つ一つが強い反発力を有しており、体を点でサポートし、最良の姿勢を保ちます。

ヘタりにくい

第三者機関においてJIS規格に基づき耐久性試験を実施。
ライトウェーブを半分の厚みまで連続80,000回繰り返し圧縮し、厚さの低下を測定したところ、その復元率は93%以上。
長期間の使用にも耐えうる材質であることが証明されました。

反発力比較

第三者機関による品質試験報告書