浜本工芸

現在のページは
ホームの下層の
家具づくりのこだわりの下層の
素材へのこだわりの下層の
合成皮革です。

家具づくりのこだわり

合成皮革

浜本工芸では「ソフトレザー」「コラーゲンレザー」「布調レザー」の3種類の合成皮革を使用しています。
ソフトレザーとコラーゲンレザーは天然皮革の質感に限りなく近く、布調レザーは表面に布調のプリントを施した合成皮革です。

ソフトレザー

柔軟性に優れ、天然皮革により近い質感の合成皮革です。
表面をポリウレタン樹脂で仕上げることで、摩耗性に強く、耐久性(※)にも優れています。
厚手で高級感があるので、浜本工芸では主にソファに使用しています。

※浜本工芸では、10週間のジャングルテスト(湿度90%、温度70℃の状態)をクリアしたもののみ使用しています。

コラーゲンレザー

天然皮革の主成分であるコラーゲン繊維(タンパク質)をパウダー化させて配合した合成皮革です。
コラーゲン繊維が天然皮革特有の質感や風合いを生み出していることから、コラーゲン繊維を配合することで、より天然皮革に近い風合いや質感を再現しています。
吸湿性・放湿性にも優れており、不快なムレやべたつきも少なく、快適な座り心地が得られるのも特長のひとつです。
また、メンテナンス性にも優れているので、浜本工芸では主にダイニングチェアに使用しています。

布調レザー

表面に布調のプリントを施し、優れた『防汚・抗菌』機能を備えた合成皮革です。
汚れがつきにくく、汚れても拭き取りやすいフッ素加工を表面に施し、さらに、生地に練り込んだ銀系の抗菌剤が表面に付着した菌の繁殖を防いでくれます。
「ダイニングチェアに布地を張りたいけれど汚れが気になる」といった方にオススメの合成皮革です。