浜本工芸

公式オンラインストア

別ウィンドウで開きます 別ウィンドウで開きます
現在のページは
ホームの下層の
製品一覧の下層の
ダイニングチェアの下層の
No.4900ダイニングチェアです。

製品一覧

No.4900ダイニングチェア(2件)

オーク材の魅力を最大限引き出したこだわりのチェア

広島の象徴でもある厳島の大鳥居をイメージしたそのフォルムは、日本人に古くから馴染みのある形を再現しながらもモダンな印象を与えます。
良質な無垢材をふんだんに使用し、デザイン性と坐り心地の良さを徹底的に追求した一脚は、
浜本工芸らしい使い手を思った機能性と耐久性に加え、『見ていたい』『触れていたい』と感じてもらえるダイニングチェアに仕上がりました。
シリーズには、ノンスリップ塗装を施した無垢座と皮革張り、天然木の素材感を楽しめるプレミアムな塗装色もご用意しています。

シリーズの特長

背中をしっかり支える高さのある背板

背中をしっかりと支えてくれる高さのある背板は、座面の大きさや角度を調整しながら背板全体に体が当たるように設計しました。接地面積を増やすことで体圧を分散し、安心感のある背当たりを生み出しています。

自由自在に寛げるこだわりのショートアーム

肘部には出入りがしやすいショートアームを採用しました。アーム先端は手の平に馴染む形状になっており、力が入りやすいので立ち座りの動作もスムーズに行えます。

緩やかなカーブを施した広々座面

曲木加工によって緩やかなカーブを施したことで、体と座面との接地面積が増え、効果的に体圧を分散させてくれます。さらに、座面幅を555mmと広めに設計したことで、ゆったりと快適な座り心地が得られます。

鳥居を連想させる背面デザイン

鳥居の笠木と島木を連想させる背板と肘。座は貫。背から脚先までを一本で通した脚は柱。広島の象徴でもある厳島の大鳥居をイメージしたそのフォルムは、日本人に古くから馴染みのある形を再現しながらもモダンな印象を与えます。

シリーズの製品